音楽とスキーと私


by sntr_azm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Forever (Part2) / KISS

■1/1
2009年を平安神宮で迎え,そのまま初詣をする事に決めた.
しかし,凄い人数がいるためなかなか辿り着かない.
↓人が溢れかえっています
c0041550_22522542.jpg


結局,詣で終わったのが数十分後.
人ごみに紛れていたとはいえ,京都の深夜はサスガに寒い.
露店でお好み焼きと唐揚げを買って二人で食べる.
これが今年の食べ初め.

今回の旅行では,お寺や神社の前には年末年始のため
数多くの露店が出店していた.
そのなかで,どこでもベビーカステラの前には長蛇の列.
お祭りの露店で20人以上並んでいるのってなかなか見ない.
なぜ京都人はこんなにもベビーカステラに惹かれるんだろう?

2時頃ホテルに戻るも朝は早起き.
元日の朝ごはんは贅沢にいこうと「懐石・宿 近又」と言うお店を予約していたからです.
(このお店は奥さんが予約してくれた)

7:30に自転車をレンタルしてホテルを出発.
人気の無い元旦の京都を自転車で疾走.8:00に「近又」に到着.
↓店構えです.
c0041550_22531269.jpg


↓個室で窓から見える中庭もイイ感じ
c0041550_22562717.jpg


↓お料理.朝から満腹.
c0041550_22572617.jpg


帰り道は別ルートを通ってホテルに戻る.
昨日清水寺の帰りに寄った「イノダコーヒー」の本店を見て
「六角堂」で元日2回目の参拝.
↓左:イノダコーヒー本店 中:六角堂 右:六角堂の「へそ石」(京都のほぼ中央らしい)
c0041550_22583735.jpg


ホテルで一休みした後,今度は自転車で「下鴨神社」に向かう.
下鴨神社には干支別の社があるので,俺と奥さんの干支にお参りをする.
本日3回目の参拝.
↓左:参拝客が一杯 中:焚き火がありがたい 右:記念撮影用の八咫烏
c0041550_22591062.jpg


帰りは鴨川沿いを南下.
↓左:大文字焼 中:遠くの山には雪が 右:晴れてきた!
c0041550_22594399.jpg


自転車をホテルに帰して,京都駅に向かう.
お昼は駅ビルでラーメンを食べる.
↓左:京都拉麺小路「宝屋」 中右:駅ビルからの景色
c0041550_230374.jpg


体も暖まり,「東福寺」に向かう.
↓紅葉の東福寺と呼ばれるお寺だけど,この時期は枝振りを見るのみ.
c0041550_2302584.jpg


一部の庭は見ることが出来なかったけど,参拝客も少なかったので
のんびりと過ごす事が出来た.
本日4回目の参拝.
↓市松の砂紋が綺麗
c0041550_2305539.jpg


次に二人で向かったのは最後の目的地「伏見稲荷大社」
↓駅を出たとたんこの参拝客!
c0041550_2314473.jpg


とにかく凄い人なんだけど,よく見るとここでもベビーカステラ渋滞が!

「伏見稲荷大社」のご利益は「商売繁盛」と言うことで,色んなメーカーが
自社の製品や食べ物を奉納品として収めていた.
↓関西系のメーカーなので見たことの無いのが多い
c0041550_2321118.jpg


人波を掻き分けて参拝の列(?)に並ぶ.
↓左:本殿 中右:左右に位置するお稲荷様
c0041550_2324231.jpg


ここでも数十分かけて賽銭箱の前まで辿り着く.
ところがここが戦場の様な有様で,皆が鈴を鳴らしたいので紐の取り合いが凄い.
やっとの思いで本日5回目の参拝を終える.

参拝を終えた後,稲荷山に登ってきた.
↓この赤い鳥居が延々と続く.
c0041550_2331232.jpg


結局時間も無くて,「四ツ辻」と呼ばれる場所まで登ってきた.
一番上まで行くのは断念したけど,それでも30分ほど上り続けた.
ひたすらテクテク歩いて苦労した分,高台から望む風景は最高に綺麗.
↓目の前に広がる夕暮れ時の京都の町.
c0041550_2333993.jpg


ここまで来るのに結構坂道を歩いてきたけど着物姿の女性がいる事にビックリ.
しかも帰りの下り道で,これから夜になるのに逆に登ってくる人が多いのにもビックリ.
一応外灯はあるけど,足元が危ないと思うんだけどな.

伏見稲荷からの帰りに奥さんの実家へのお土産に「宝玉堂」で「いなり煎餅」を購入.
↓看板だけですが・・・
c0041550_2345714.jpg


京都駅に戻り,京都タワーの地下にある「京都タワー大浴場」に行く.
まぁ,ちょっと高い普通の銭湯みたいな感じ.
でも奥さんが言うには女湯は「殺伐」としていて怖かったみたい.
夜は常連客っぽい人が多いからかな.

お風呂の後は京都駅の地下街で晩御飯を食べる.
帰りは深夜バスなのでさらにマックで時間をつぶす.
深夜バスは22:30京都駅前発で6:30新宿南口着.
沢山歩いてビールも飲んでいたんだけど,深夜バスはあまり眠れなかった.
ウトウトしているうちに定刻で新宿の新南口に到着.
↓早朝の新宿南口
c0041550_2352021.jpg


京都で自分達のものを買ってこなかった事に気がついた.
折角,新宿南口に来たんだからと「Krispy Kreme Doughnuts」に向かう.
1月2日の早朝,いるんだよね.並んでいる人が.
ホントオドロキ.
↓ドーナツ!
c0041550_2354721.jpg


1泊2日だったけど密度の高い旅行でした.
[PR]
# by sntr_azm | 2009-01-24 23:12 | Daily Life

Forever (Part1) / KISS

年末年始に京都に行ってきた.

■12/31
7:30発ののぞみで出発し,京都には10時に到着.
そして最初の目的地である「都路里本店」に直行.
↓「ツジリ」と読みます
c0041550_1214070.jpg


このお店はいつも行列が凄いけど,到着したら3組ほどいただけで
直ぐに入店できた.
念願の都路里本店で「都路里パフェー」を食べる.
↓抹茶味で美味しい
c0041550_1221481.jpg


↓そして奥さんは「抹茶カステラパフェー」.
c0041550_144046.jpg


都路里を後にして次の目的地「清水寺」に向かった.
↓町屋の町並みがイイ感じ
c0041550_1224197.jpg


↓屋根にこんな人形が置いてある(魔よけかな?)
c0041550_145036.jpg


この日は天気も良く,散策日和.
途中で「安井金比羅宮」という神社を発見.
碑の穴を潜ってお札を貼る事で,悪縁を切り
良縁を結ぶというご利益があるとの事.
↓実際に潜ってる方もチラホラ
c0041550_1231664.jpg


30分ほど歩いて清水寺に到着.天気が良くてホント良かった.
↓京都の町並みも綺麗に見えます
c0041550_123488.jpg


門前のお店を冷やかしつつ「イノダコーヒー」で一休み.
↓ビーフカツサンドとアラビアの真珠(ホットコーヒー)
c0041550_124237.jpg


来た道とは別のルートで四条通まで歩いて戻る.
京都に来るとホントに良く歩く.
でもそれがホントに楽しい.
↓風情のある小路
c0041550_125313.jpg


面白いお店(リンク先)を発見
c0041550_1252637.jpg


四条通まで戻って来て3つ目の目的地「錦市場」へ.
↓大晦日の錦市場は大変な賑わい
c0041550_127343.jpg


肉屋は鴨肉,魚屋では鯛の焼き魚や蛤がよく売られていた.
やっぱり東京とはちょっと違ったモノが売られているみたい.
小腹が減ったので「もちつき屋」に寄って行く事に.
このお店では店頭でついたお餅を食べることが出来る.
↓左:お餅ついてます 中:俺の食べた亀山 右:奥さんの食べたあべ川
c0041550_1455736.jpg


ここでホテルにチェックイン.
お風呂に入って夜に備えて一休み.
ホテルのサービスで年越し蕎麦を食べ,いよいよ本日の
メインイベントである知恩院に向けて出発.
↓ライトアップされてます
c0041550_1282488.jpg


知恩院の除夜の鐘は「行く年、来る年」の風物詩としてテレビでも放送されている.
これをライブで見るのが今回の旅行の最大の目的.

待つこと一時間半.読経の声と共に二十人ほどのお坊さんがやってきた.
知恩院の鐘はとても大きく,親綱を引くお坊さんが1人,
子綱を引くお坊さんが16人と,合計17人がかりで鐘を突く.
↓とても大きな鐘
c0041550_1285247.jpg


親綱を引くの僧侶が全身を使って鐘を突く.
↓とても大きな音が響きます
c0041550_1291348.jpg


待ちに待った最初の一突き.
ゴ~~~~~~~~~~ンと響く鐘の音.
周りからはオ~~~~~~~~と言う声.
煩悩が去った(様な気がした).

この除夜の鐘を間近で見ることが出来て感動.
良い物見たなと思いながらおけら参りに八坂神社に向う.
(おけら参りの説明はコチラを見てください)
八坂神社には沢山の露店が軒を連ねていて,そのうちの一軒で
おけら火を灯す火縄を買った.
↓火をつけてます
c0041550_1544826.jpg


↓すでに新年の初詣の行列が
c0041550_1294434.jpg


2008年も残り一時間.
平安神宮で新年を迎えることに決め,ふたりでおけら火をクルクル回しながら
八坂神社から平安神宮まで歩く.
平安神宮前の通りは歩行者天国になっていて多くの人たちが歩いていた.
↓平安神宮の広場にはすでに沢山の人.
c0041550_130671.jpg


多くの人たちと一緒に新年を待つ.
時計を見ると後5分.
時計を見ると後3分.
時計を見ると後1分.
・・・5,4,3,2,1

あけましておめでとう!
↓2009年になりました!
c0041550_1303675.jpg


[PR]
# by sntr_azm | 2009-01-18 01:31 | Daily Life

ハロー・ハロー / Superfly

超久々のアップです.

久々の土日完全休日を利用して箱根に行ってきた.

■9/6
新宿から箱根湯本まで小田急のロマンスカー.
車両は1980年12月にデビューした7000形-LSE.
↓レトロなデザインが超☆キュート.
c0041550_20545328.jpg


箱根湯本に到着,さらに箱根登山電車に揺られる事50分.
やっと強羅に到着.
↓強羅に着いて最初に目にしたのが・・・ドラ○もん?酷すぎる・・・
c0041550_2103061.jpg


宿のチェックインまで,強羅周辺を散策.
↓やって来たのは強羅公園
c0041550_213286.jpg


↓正面の山には大文字焼が見えます.
c0041550_2174579.jpg


この大文字焼,2005年にココまで登ったことがあります.
よく登ったなぁ.

強羅公園内には茶室もあり,500円でお抹茶を楽しめる.
花を見るにはちょっと時季外れっぽかったけど,それでもちらほら咲いていた.
↓綺麗な花です.
c0041550_21134546.jpg


■9/7
この日は箱根彫刻の森を散策.
↓この写真では雲があるけど,晴天でした.
c0041550_2126321.jpg


歩いていると塔の様なモノが見えてきた.
『幸せをよぶシンフォニー彫刻』と言うらしい.
↓全面モザイクで中は螺旋階段があり,上まで登れる.
c0041550_2131982.jpg


↓他にもピカソ館や野外彫刻を見て回る.
c0041550_21323218.jpg


色々見ているうちに,タップリ2時間近く歩き回った.
ピカソ館とシンフォニー彫刻が特にお気に入り.
まだ行った事の無い人は一度行ってみてください.オススメ.

やっぱり旅行に出かけるのは楽しい.
[PR]
# by sntr_azm | 2008-09-07 21:39 | Daily Life

Amazing (Part 5) / Aerosmith

■6日目
この日は朝から晴天.
↓デジカメの撮影モードの設定を間違えちゃって色が・・・
c0041550_137303.jpg


この日は朝からハミルトンピークに登る事にした.
↓朝からザクザクと登る.
c0041550_1374832.jpg


夕方と比べて山頂からの景色は一味違う.
↓しばらく山頂で周りの景色を眺める.
c0041550_138254.jpg


ホント遠くて凄いところに来たな~って感じ.

↓ハミルトンピークから滑り降りる.
c0041550_1382536.jpg


↓シュート(岩などで挟まれたせまいスロープの事)もガンガン滑る
c0041550_1384483.jpg


トップロープトゥーからノースピーク(ハミルトンピークと反対側の山頂)へ.
↓左:一番高いところがノースピーク 右:尾根は強風が吹いてる
c0041550_139514.jpg


ルートを考えていると外国人スキーヤーが歩いてきた.
彼は同じハットに泊まっている人でJuerg(ヨルク)という名前でした.
クレイギーバーンに長期滞在してるとの事.
↓左:誰か来た 右:彼に案内してもらうことに.
c0041550_1392756.jpg


↓やっぱり良いルート知ってるなぁ.
c0041550_1401526.jpg


コンディションもよく,長距離で滑り応えもある.
なんでも2週間前だと膝までの雪でもっと凄かったらしい.

一番下まで降りたので,ザックに板を付けてまたまた登る事に.
実はこの時,「もうあがります」って言ったんだけど,リーダーとアッキーさんに
「え~~~~~~っ,ハミルトンピーク登ろうよ~~~~」って誘われ山頂まで行っちゃった.
でもどういう訳だかハミルトンピークに行かずもう一度ノースピーク方面に向かう.
(なんでだったかなぁ?)
日が翳ってきていたのと疲れもあったのでアッキーさんと俺はさっきのルートは諦めて途中から滑り降りることに.
しかし!リーダーDさんは1人でもう一度.無尽蔵の体力,サスガです!
↓左:一休み 中:もうこんなに影が 右:リーダー一人旅
c0041550_146517.jpg


で,一枚バーンの広い斜面で若干ボウル状になっている所をアッキーさんと二人で滑ってきたんだけど
斜面のコンディションが真ん中を境に全然違う.
半分はエッジが全然効かなかったのに,もう半分はまだシャリシャリした感じ.
日射時間や風の当たり具合なんだろうけど,ここまでハッキリ分かれるとは.

↓この日の晩御飯.
c0041550_2183642.jpg


シェフのDarcy(ダーシー)は甘党なのかサラダのドレッシングも甘め.

そう言えば前日のケーキ.最初,皆はあまり生クリームを取らなかったんだよね.
で,俺が生クリームを多めに取るのを見ると両腕を上にあげ”Yeeeeeah!!”ってそんなに喜ばなくても.
↓ケーキを切り分けるDarcy
c0041550_221190.jpg


[PR]
# by sntr_azm | 2006-10-24 02:26 | Ski

Amazing (Part 4) / Aerosmith

■5日目
朝はちょっと曇り気味の天気.
↓山の上が見えません.
c0041550_17481391.jpg


↓午前中はまだ曇り.
c0041550_17483091.jpg


↓この日のお昼ご飯.ゴールデンキューイが甘くて美味しい.
c0041550_17484690.jpg


ランチハットの横でこんなことをしている人が.
↓スキーを履いてのパラセーリング.面白そう.
c0041550_174935.jpg


段々天気も良くなり,いい感じ.
↓素晴らしい景色.
c0041550_17492637.jpg


c0041550_17494326.jpg


下のほうまで滑り降りたんで板をザックに付けてボトムロープトゥーまで歩く.
これが10分程の距離なんだけど,結構疲れるんだよね.
↓左:板を付けて 右:歩きます.
c0041550_1750521.jpg


さて,再び山頂です.
↓左:尾根沿いを進み 中:ココを滑る 右:振り返れば午後の太陽
c0041550_17502196.jpg


また一番下まで滑ると歩きがきついので,途中で森林コースに入り歩いて戻る.
↓左:板を担いで 中:ココを歩くと 右:泊まっているハットに戻ります
c0041550_17504181.jpg


さて,またまた山頂.影が斜面を覆ってきた.
↓こうなると途端にガチガチの斜面になる
c0041550_1751467.jpg


↓ルートを検討中
c0041550_17512320.jpg


↓なるべく日の当たっている所を滑るように進む
c0041550_17514160.jpg


↓左:日向を追ってたら雪崩の後へ 右:雪崩を下から望むなんてなかなか無い
c0041550_17515621.jpg


最後の一本はガチガチの斜面で足も疲れたよ.
この日も盛りだくさんでクレイギーバーンの山を満喫.
↓この日の晩御飯.
c0041550_1752161.jpg


ケーキに添えてあるクリームが激甘(でも美味しい).
[PR]
# by sntr_azm | 2006-10-22 17:52 | Ski

Amazing (Part 3) / Aerosmith

■4日目
この日あたりから時差ボケも解消し始め夜もグッスリ.
前日の疲れもあったんだろうけど.

↓この日も晴天.
c0041550_245544.jpg


前日に引き続きカズさんとヘザーがガイドについてくれた.
先ずは・・・
↓トラバースで斜面を横切り,途中で板を担いでハイクアップ.
c0041550_245244.jpg


↓尾根まで出たらスキー靴で岩場をひたすら歩く.
c0041550_2454367.jpg


↓で,たまには降りたり.ここはチョッと危ない.
c0041550_24623.jpg


↓やっと目的地に着きました.アドベンチャーって感じ.
c0041550_2461893.jpg


登ったからには後は滑るだけ.
↓右:カズさんがコースの説明しています.
c0041550_2463681.jpg


↓幅も広く長距離のコース.魅力的!
c0041550_247125.jpg


↓左:滑り終わって振り返ると 右:森の中を通って帰ります.
c0041550_2472685.jpg


ランチハットに戻ってお昼ご飯.
↓左:晴天! 右:お昼
c0041550_2474351.jpg


昼ごはんの後も色々滑り,15時半くらいになって『Hamilton Peak (ハミルトンピーク:1922m)』にハイクアップすることにした.
約20分かけてのハイクアップは鈍った体にはチョッときつかったけど,山頂からの眺めは最高.
↓360度のパノラマ.
c0041550_24874.jpg


↓最高の夕日.
c0041550_2482122.jpg


この日はハイクアップあり,長距離滑走あり,森林コース(歩き)ありで本当に盛りだくさん.
クレイギーバーンの山を満喫したって感じ.
↓この日の晩御飯.
c0041550_2485666.jpg


この日もスープとビールに癒されたな.
[PR]
# by sntr_azm | 2006-10-05 02:49 | Ski

Amazing (Part 2) / Aerosmith

■3日目
いよいよ今日から滑り始め.
その前に,今日の当番はフロアの掃除.
朝食の後に掃除機で1Fの食堂,2FのBar,廊下をキレイにします.
↓左:朝食は毎朝こんな感じ 右:掃除機
c0041550_23493748.jpg


さて,掃除が終ったら出発.
ビーコンを身に付けてその上にウェアを着て,ザックに水,お昼ご飯,シャベル等を詰め込む.
準備が出来たら板を担いでチケットオフィスに行く.
↓ここでチケットをもらいます.
c0041550_2350040.jpg


毎朝山に向かう時,ここにいるスタッフに挨拶をする.
どのグループが何人山に入ったかを把握しているとの事.

しばらく歩くと一番下のロープトゥー乗り場に到着.
そう,この山ではいわゆるチェアリフトの類は無く,ロープがグルグルと回っているだけのロープトゥーと言う搬送機で上に登って行く.
ナッツクラッカーと呼ばれる金属製の金具でロープを挟むのだけど,初めての人はちょっと大変かも.
↓こんな感じですわ.
c0041550_23502057.jpg


ロープトゥーを3基乗り継いでとりあえず一番上まで行ってみた.
↓キレイに晴れてます.
c0041550_23505886.jpg


この山はボウル状になっており,時間により斜面の日の当たり具合が違ってくる.
朝一はどこもガリガリの超アイスバーンで滑れる様な斜面ではないのだけど,徐々にシャリシャリの雪になり,お昼には大体イイ感じになる.
15時過ぎには少し影が出始め,また硬い斜面に戻っていく.
広大なエリアが一日の中で劇的に状況が変わり,良い斜面を探って滑るというそんな毎日.
ちなみに雪の量自体は多くなかった.所々岩肌が露出してたし.

とりあえず山の中腹にあるランチハットまで滑り降りる.
↓左:外観 中:内装 右:このストーブで皆パンを温めたり
c0041550_23512565.jpg


ランチハットから反対側の斜面を見る.これ全部が滑走可能エリアってスゴイ.
↓この岩の間(シュート)も滑れます.
c0041550_23514162.jpg


この日は初日と言うことでガイドをお願いした.
『Black Diamond Safaris(BDS)』のガイドのカズさん(日本人)
c0041550_23515934.jpg


カズさんは冬場日本にいるそうで,白馬にある『カラースポーツ』と言う所でバックカントリー等のガイドをしているそうです.
バックカントリーに興味がある方は一度行ってみて下さい.
(そして感想を聞かせて)

カズさんにガイドしてもらい,クレイギーバーンを滑り始めた.
↓ホント広大なエリア.
c0041550_23531224.jpg


午後からは同じくBDSのガイドのHeather(ヘザー:元全米女子サーフィンチャンピオン!)も参加.
ヘザーの案内で尾根まで5分程度ハイクアップ.
↓左:この尾根は雪が無かった 中:ちょっと雲が‥ 右:でも斜面は魅力的
c0041550_23571644.jpg


8ヶ月ぶりのスキーでこのコンディション.
やっぱり体が鈍ってる.最初は苦戦したなぁ.

↓この日の晩御飯.
c0041550_2357447.jpg


疲れた体にはスープが沁みますね.
そしてビールも沁みます.
[PR]
# by sntr_azm | 2006-10-02 23:57 | Ski

Amazing (Part 1) / Aerosmith

夏休みを利用して9/9~9/18の日程でニュージーランドに行ってきた.
今年は雪もあり予定通りのクラブフィールドツアー
行き先は『Craigieburn(クレイギーバーン)』
去年行けなかっただけに期待も大きい.

さて,今回のメンバーはリーダーDさん,お医者さんのアッキーさん,
KUMAさん,IKUKOさん,MARIさん,俺の6名.
皆さん,色々とお世話になりました.

■1日目
NZは日本から約11時間のフライトで時差は3時間.
とにかく11時間がとてつもなく長いのだけど,今回乗った飛行機は各座席にモニタがあり,好きな時に好きな映画が見れる様になっていた.
↓リモコンもあり.なんか進化してるなぁ
c0041550_23383565.jpg


いつも飛行機の中でなかなか眠れないんだけど,今回は少しは眠れたかな.
見た映画も『X-MEN Final Decision』だけ.

■2日目
順調なフライトでクライストチャーチに到着.
↓南半球のNZでは桜も咲いています.
c0041550_23385693.jpg


現地のガイド会社『Black Diamond Safaris』の案内で目的のクレイギーバーンまで車で2時間弱のドライブ.あっ,スーパーマーケットで1週間分(って言うかそれ以上)のお酒とお昼ご飯を購入しました.
↓途中でカフェに寄る.皆がエサをあげるせいか太った三毛猫.
c0041550_23394965.jpg


↓左:NZらしい景色 右:途中からはこんな山道を進む
c0041550_2340622.jpg


↓左:クレイギーバーン(この山全部が滑走エリア)到着 右:ロッジまでの階段
c0041550_23402636.jpg


クレイギーバーンではロッジに1週間の滞在.
2段ベッドが3組ある部屋に皆で泊まる.この2段ベッドに寝袋で寝ます.
↓左から:6人部屋,1Fの食堂,2FのBar,Barで買ったステッカーとTシャツ
c0041550_2341864.jpg


基本的には何事もセルフサービスなんだけど,このロッジは当番制で色々な係りを行う.
↓左:当番表 右:当番(配膳係)の様子.
c0041550_23412777.jpg


↓と言う訳でこの日の晩御飯.
c0041550_23414268.jpg


いよいよ明日から滑り始め.
スーパーマーケットで買った大量の地ビールを飲みながらニヤニヤ.
[PR]
# by sntr_azm | 2006-09-26 23:43 | Ski

Eternal Flame / Bangles

先代のIXY500を買ってから丸2年.
海外に行ったり,雪山に行ったり,レストランに行ったり,色々撮ったなぁ.

ええ,IXY500はもう先代なのです.
2代目デジカメIXY800ISを買いました.

IXY500,妹の所でこれからも頑張ってくれ.
IXY800,先代同様色々撮るんで宜しく頼むぜ.

↓先代と2代目(IXY800の写真は俺がIXY500で撮った最後の写真)
c0041550_07397.jpg


さて,2代目の最初の被写体は久々の作品.
↓ロウソク立て(入れ)です.左の方,底に青い釉薬垂らしてます.
c0041550_08388.jpg


解りづらいかも知れないけど,下部に三方向の穴が開いてます.
この穴から光が漏れるって寸法.

↓光を灯すとメロウな雰囲気
c0041550_0101491.jpg


今回のは頼まれて作ってみたんだけどイイ感じに出来た.
これからは受注生産始めようかな.
「茶道用のお茶碗つくって」って何人かに言われてるし.
(でも気長に待ってください)
[PR]
# by sntr_azm | 2006-09-07 00:11 | Ceramic Art

If I Fell / The Beatles

一目惚れ.つぶらな瞳が超☆キュート.

↓ブックストッパーです(皮製で大きさは25センチほど).
c0041550_1747699.jpg


お店には色違いの象やペンギンがあったけど,この子にグッときた.
(他にも色々あるみたい.)
本は重ねて置いたりしてるからブックストッパーとして使う事はないんだけど.
今は棚に置いてあります.
[PR]
# by sntr_azm | 2006-09-03 18:00 | Daily Life